公庫の事業資金融資を利用しよう

MENU

公庫の事業資金融資を利用しよう

公庫の事業資金融資を利用しよう

事業資金の融資を受ける手段のひとつに、公庫を利用するという方法があります。

 

公庫とは日本政策金融公庫のことで、中小企業などを対象に融資を行っている機関です。

 

公庫から事業資金を融資してもらうには、いくつか高いハードルをクリアしなければなりませんが、事業資金融資の候補として検討するのも良いでしょう。

 

ここでは、公庫が提供している事業資金融資制度を紹介したいと思います。

新創業融資制度

公庫の新創業融資制度とは、これから事業をスタートさせる個人事業主や法人を対象に融資を行う制度です。

 

一般的なビジネスローンと同じように、無担保・無保証で事業資金の融資を受けることができます。

 

ただし、公庫の新創業融資制度を利用するためには、自己資金も用意しておかなければなりません。

 

たとえば、創業資金として900万円が必要な場合、そのうちの10分の1以上、つまり90万円以上を自己資金で用意しなければ、公庫の新創業融資制度を利用することはできないのです。

新規開業資金

公庫の新規開業資金制度は、新創業融資制度を利用したことがある個人事業主、および法人を対象としている融資制度です。

 

新創業融資制度が新規で事業をスタートする際の融資に利用できる制度であるのに対し、新規開業し金制度は企業の第3期から第5期の間で利用できる制度となっています。

 

最大融資額が非常に高く、金利が低いというメリットがありますが、新規開業資金制度を利用するためには企業概要書と融資申込書の提出が必要な他、さまざまな条件を満たしていなければなりません。

普通貸付

公庫の普通貸付とは、基本的には新創業融資制度と新規開業資金制度を利用したことがある個人事業主、および法人を対象としている融資制度です。

 

新創業融資制度と新規開業資金制度を利用したことがない個人事業主、および法人でも申し込みすることは可能ですが、審査をクリアできる可能性は低いと言われています。

 

また、一部の業種は融資対象外となっていますので、普通貸付による融資を希望されるのであれば、先に公庫に確認をとっておいたほうが良いでしょう。

マル経融資

公庫のマル経融資とは、規模の小さな会社が利用することのできる融資制度です。

 

マル経融資制度を利用するためには、商工会もしくは商工会議所の推薦を受けなければなりません。

 

また、商工会と商工会議所の経営指導を半年以上受ける必要もありますので、今すぐ事業資金の融資を希望する方には向いていない融資制度と言えるでしょう。


公庫の事業資金融資 あわせて読みたい記事

 

公庫の事業資金融資制度のひとつである「新創業融資制度」とは、どのような融資制度なのでしょうか?公庫は事業資金融資に利用できる制度を4つ提供していますが、その中で最も利用されているのが新創業融資制度です。他の3つの融資制度と比較して、新創業融資制度は利用しやすいと言われていますが、ここでは公庫の新創業融資制度におけるメリットとデメリットを説明したいと思いますので、ご参考ください。新創業融資制度のメリ...

 
 

公庫の事業資金融資制度のひとつ「新規開業資金」とは、新たに事業をスタートさせる、もしくは事業を始めて7年以内の個人事業主、および法人を対象にしている融資制度のことです。公庫は創業時の事業資金融資に利用できる「新創業融資制度」も用意していますが、新規開業資金制度は新創業融資制度の利用したことがある個人事業主、および法人のほうが審査に通りやすいと言われています。では、公庫の新規開業資金を事業資金の融資...