公庫の事業資金融資「新規開業資金」はどんな制度?

MENU

公庫の事業資金融資「新規開業資金」はどんな制度?

公庫の事業資金融資「新規開業資金」はどんな制度?

公庫の事業資金融資制度のひとつ「新規開業資金」とは、新たに事業をスタートさせる、もしくは事業を始めて7年以内の個人事業主、および法人を対象にしている融資制度のことです。

 

公庫は創業時の事業資金融資に利用できる「新創業融資制度」も用意していますが、新規開業資金制度は新創業融資制度の利用したことがある個人事業主、および法人のほうが審査に通りやすいと言われています。

 

では、公庫の新規開業資金を事業資金の融資に利用することには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

以下で見ていきたいと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

新規開業資金制度のメリット

新規開業資金制度のメリット

公庫の事業資金融資制度「新規開業資金」を利用するメリットのひとつが、ビジネスローンと比較して金利が圧倒的に低いということです。

 

ビジネスローンの金利と比較すると数%以上も低い金利で融資を受けることができますので、円滑なビジネス展開に役立つでしょう。

 

ただし、公庫の新規開業資金制度の金利は変動金利制を採用しているため、経済状況などにより金利が上がるリスクがあります。

 

また、公庫の新規開業資金制度のメリットとして、最大融資額が高いという点も挙げておきたいところです。

 

新規開業資金制度の最大融資額は7200万円と非常に高く、うち4800万円までを運転資金として、残りの融資額を設備資金として利用することができます。

 

ビジネスローンの最大融資額と比較すると数千万円以上高い最大融資額となっていますので、より幅広い事業目的にお役立ていただけるでしょう。

新規開業資金制度のデメリット

新規開業資金制度のデメリット

公庫の新規開業資金制度のデメリットとして挙げたいのが、審査条件が非常に厳しいということです。

 

たとえば、新規開業資金制度の審査条件のひとつに「雇用の創出を伴う事業を始める方」という項目があります。

 

つまり、公庫の新規開業資金制度を利用して事業資金の融資を受けるためには、従業員を雇わなければならないというわけです。

 

最近ではインターネットだけでできる事業も多く、特に個人事業主の場合、従業員を雇わず自分ひとりだけで業務を行う形態もあります。

 

この場合は雇用の創出を伴いませんので、公庫の新規開業資金制度を利用して事業資金の融資を受けることはできません。

 

公庫の新規開業資金制度の審査にはその他にもたくさんの条件が設定されていますので、一般的な事業資金融資と比較すると審査に簡単に通ることはないでしょう。