事業資金融資ローンの調達方法を一から理解しよう

MENU

事業資金融資ローンの調達方法

事業資金融資ローンの調達方法

事業資金融資ローンで事業資金を調達するには、いくつか方法があります。

 

どの調達方法においてもそれなりのメリットとデメリットがありますが、上手に活用すれば円滑なビジネス展開をサポートしてくれるでしょう。

 

では、事業資金融資ローンで事業資金を調達するにはどんな方法があるのでしょうか?

 

以下で具体的に解説していきたいと思いますので、事業資金融資ローンに申し込む前にちぇっくしていただければと思います。

インターネットで事業資金を調達する

事業資金融資ローンの調達方法として最もおすすめしたいのが、インターネットを利用する方法です。

 

インターネットであればいつでも都合の良いタイミングで事業資金融資ローンの調達を申し込みすることができます。

 

また、最近ではほとんどの方がスマートフォンを携帯しているかと思いますが、スマートフォンからも事業資金融資ローンの調達を申し込みすることができますので、よりビジネスに役立てることができるでしょう。

 

ただし、金融業者によっては振り込み手数料が別途発生する場合もありますので、事前に確認してください。

提携ATMで事業資金を現金で調達する

提携ATMで事業資金を現金で調達する

事業資金を現金で調達したいのであれば、提携ATMの利用が大変おすすめとなっています。

 

インターネットで事業資金融資ローンを利用する方法もあるのですが、インターネットはあくまで口座への振り込みに対応しているのであり、現金を引き出すためには提携ATMを利用しなければなりません。

 

提携ATMからなら事業資金融資をすぐに受けることができますので、融資速度を求める方に向いている調達方法と言えるでしょう。

 

なお、提携ATMがメンテナンスで利用できないこともあるため、提携ATMの利用時間についても念のため確認しておいたほうが良いかもしれません。

 

また、最近ではコンビニATMでの調達に対応している事業資金融資ローンがほとんどとなっていますので、利便性も格段に向上しています。

店頭窓口で事業資金を調達する

事業資金融資ローンを契約している状態であれば、その金融業者の店頭窓口で直接事業資金を調達することも可能です。

 

ただし、店頭窓口で事業資金融資を受ける場合、店舗の営業時間内にすべての手続きを完了させなければなりません。

 

また、事業資金融資ローンの店舗が近くにないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

店舗が定休日の時、そして営業時間外については利用することができませんので、利便性はそれほど高くない事業資金の調達方法といえるでしょう。

 

人気のビジネスローンはこちら